プログラマの生産性を高めるテクニック

コンピューターシステムを構成するソフトウェアの制作には、膨大なコードを必要とします。しかしその一方で、プログラマが制作する事ができるコードの数は物理的に限られています。そのため、システム開発おいてプログラマには、高い生産性が求められます。
生産効率を高めるための手掛かりとしては、設計段階から綿密な計画を立てるという点です。もし開発中に設計の不具合を発見したならば、再び設計を見直さなければなりません。そのため、これまで生成してきたコードが全て無駄になることも多いです。

始めに堅実なプログラムの設計を行う事ができれば、スムーズにコードを記述していく事ができます。無駄のない確実な設計のためには、プログラムを制作してきたこれまでの経験が大きな意味を持ちます。設計には先を見通す力を磨く必要があり、それは経験によって高められます。

またさらに、プログラムの生産性を高めるための手段として、開発のためのサポートツールを積極的に使いこなす事が重要です。プログラムの開発をサポートするツールを利用すれば、作業の無駄を省きプログラム全体の把握にも役立ちます。
そうすれば、少ない作業量で目的のプログラムを確実に開発できるようになります。

プログラマにとっては、今の仕事のスタイルが生産性の向上に貢献しているかについて、常に評価を行わなければなりません。従来の方法では作業効率の向上に不十分である場合には、新たな方法について模索する必要があります。
生産性を上げる仕事のスタイルの確立が、優秀なプログラマと評価される第一歩に繋がります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です